トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ようこそ、桜木鍼灸治療のホームページへ

ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
当院は鍼灸治療、イトオテルミー療法(温熱刺激療法)などを中心に施術を行っています。

鍼やお灸の治療というと、「痛い・熱い」というイメージをもたれている方が多いと思いますが、当院では髪の毛ほどの極細の鍼を使用し、ほとんど痛みはありません。
お灸の場合も同様に米粒よりも小さいくらいの大きさを使用し、熱さを感じる前に取り外します。また、それだけ小さな鍼とお灸を使うため、ほとんど跡も残りません。

鍼灸治療は全身の血のめぐりをよくし、根本から体質改善を図ることを目的としています。そのため慢性的な肩こりや腰痛などの症状のほかにも、女性に多い冷え性の改善にも効果的です。

イトオテルミーは、厳選した数種類の薬草(漢方)を線香状にしたものを点火し、その薬草の成分と熱を肌にあて、身体を温める療法です。
おだやかな香りと温かさが、筋肉のこりや痛みを和らげ、疲労回復、胃腸の働きを活発化するなどの効果が見られ、初めての方は、その「優しい温かさ」に驚かれます。

なかなか症状が改善されずにお悩みの方、まずは一度ご相談ください。

あなたの冷え症のタイプをチェック 
 なぜ冷え症や不眠に鍼が効くの? 体質チェックシート 
鍼やお灸は体を刺激して血流を良くすることで、筋肉の緊張をほぐし体をリラックスさせる働きがあります。リラックスしているときの体は手足も暖かく、逆に緊張しているときは手足が冷え、全身がこわばっているものですよね。鍼とお灸を用いて体をリラックスした状態に導き、冷え性や不眠症などの症状を改善していきます。また、頭痛やめまいなども肩こりが原因であることが多く、こうした症状に対しても鍼やお灸をもちいて、まずは肩こりを取り除きながら、根本的な治癒をめざしていきます。

a.顔が青白い動悸がある
b.唇の色が薄い
c.つめの色が白っぽい
d.唇が紫色
e.つめの色がくすんでいる
f.肌の色が悪い
g.げっぷが出やすい
h.心身ともに疲れやすい

j.尿が多い
k.おなかや腰が冷える

診断結果を見る

お知らせ

2016年8月6日
お盆休みのお知らせ
2016年4月23日
お灸カフェのご案内
2015年12月8日
年末年始のお知らせ
2015年12月6日
ホームページ開設しました。