診断結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性・不眠に効く

冷え性に効く鍼・灸

女性の多くが抱える冷え性は、ほうっておくと肩こりや頭痛などの症状あらわれたり、月経不順や不妊などのトラブルを招いたり、うつなどの心にまで影響を及ぼす場合もあります。
万病の元と言われている冷えを改善するためには、体を冷やさないよう日々の生活から気をつけることが大切ですが、鍼灸療法も同時に行なうことで、体の内側から血行を良くし、新陳代謝を高めていくとより効果的です。

冷え性の3つのタイプ

ホームページの表紙に掲載しているチェックシートの診断結果はこちらです。同じ冷え性といえども、その症状や原因はさまざまです。A~Cの項目のうち、一番当てはまる項目の多かったものがあなたの体質に近いタイプになります。
(※このチェック内容はあくまでも目安になります。)

タイプ 特徴 病気の仕組み
手足が冷えるタイプ A a.顔が青白い動悸がある
b.唇の色が薄い
c.つめの色が白っぽい
体を温める陽気を運ぶ血が不足することで手足が冷えます。特に女性に多く動悸やめまいをともなうことがあります。血行を良くする治療を施します。
B d.唇が紫色
e.つめの色がくすんでいる
f.肌の色が悪い
g.げっぷが出やすい
気の停滞に伴って体を温める陽気を運ぶ血が停滞するため、手足が冷えます。イライラや緊張、精神的ストレスなどがあり、胸や腹が張って苦しくなります。適度な運動でストレスを発散し全身の血行を良くすることが大切です。
全身が冷えるタイプ C h.心身ともに疲れやすい
i.便がゆるい
j.尿が多い
k.おなかや腰が冷える
脾や腎の熱が不足して、熱を作り出す働きが低下し、体の内側から冷えている可能性があります。体を温めると同時に、消化吸収を高めることが大切です。

タイプ別のお勧め食養

食べ物には体を冷やす食べ物と温めるものと大きく2種類に分けることができます。夏に採れる野菜は体を冷やす作用があり、逆に冬に採れるものは温める作用があると考えると分かりやすいですね。どんな方でも自然のサイクルの中で作られた食材を食べることが大切ですが、特に冷え性のかたは生野菜の食べすぎは冷えにつながりますので、気をつけましょう。

手足が冷えるタイプにおすすめの食材

A. 血を補う作用のあるいか、レバー、などがお勧めの食材です。そのほかにんじん、きくらげ、ライチなども効果的です。
B.
気血の流れをよくする作用のある食材を選びましょう。おすすめはそば、にら、にんにく、油菜、みかん などです。

全身が冷えるタイプにお勧めの食材

胃腸の働きを高めるにら、山芋、くるみなどがおすすめ。また精力をつけて、腎の陽気を補ううなぎ、えび、なた豆などを選んで食べましょう。

院長おすすめマッサージ法

足の指と指の間をマッサージすると、足の冷えが改善されます。また、とても気持ちが良いのでリラックス効果も期待できます。足の裏全体をマッサージすることも効果的です。

ページの先頭へ

不眠に効く鍼・灸

当院では不眠に悩む方に対しても、鍼やお灸を用いて治療を行なっております。 不眠の原因や不眠がもたらす症状はさまざまですが、たいていは首や肩のコリを改善することで不眠が改善されるケースが多くあります。
当院での治療は、主にはりを用いて首や肩の血行を良くするとともに、副交感神経を刺激して、イライラや気の乱れを整え、眠りにつきやすい体質改善を行ないます。
体質や症状にあわせて、じっくりと時間をかけて丁寧に治療していきます。
不眠は治療が可能です。病院での治療でもなかなか改善しない方や睡眠障害の初期の方はぜひ鍼灸治療をおすすめいたします。

不眠の3つのタイプ

タイプ 特徴 病気の仕組み
眠りが浅い 寝つきが悪く目が覚めやすい
夢が多い
胸がつかえる
げっぷがでる
甘いものや脂っこいもののとりすぎ、暴飲暴食などが原因で消化吸収が悪くなると体内に余分な水分がたまり痰になります。この痰が熱をもち、心神の安静を邪魔して眠れなくなります。
イライラして寝付けない 横になっていられない
頭痛
めまい、耳鳴り
イライラ、怒りっぽい
精神的ストレスや怒りなどで肝の気が停滞して熱をもつと、心身の働きを乱して、心が興奮状態になることが原因で寝つけなくなります。
すぐに目が覚める 眠りが浅い
手足や胸がほてる
寝汗
耳鳴り
じっとしていられない
過労やストレスなどで心が興奮状態になり眠れなくなります。睡眠薬を頼らないと眠れず、眠ってもすぐに目が覚めてしまうタイプです。
体がだるい 不安感がある
寝つけない、夢が多い
顔色が悪い
疲れやすい
食欲不振
心労や考えすぎなどで精神が不安定になり、心の血と脾の気が不足しています。不安感や動悸があり、疲れやすく昼間眠くなり食欲も低下しているのが特徴です。

タイプ別のお勧め食養

眠りが浅い

体の熱を冷まし、水分の代謝がよくなる食材が適しています。大根やとうがん、くわい、こんぶ、のりなどが有効です

イライラして寝つけない

セロリやトマトなど肝の熱を冷ます作用のある食材を選びましょう。緑茶や菊花にも同様の効果があります。

すぐに目が覚める

心神を安定させるなし、ぶどう、白菜、きくらげ、黒豆、ゆり根、いか、牛乳などが適しています。

体がだるい

脾の機能を高めて気血の産生を促進する作用と、心神を安定させる作用のあるはすの実がおすすめです。また、ほうれんそう、にんじん、なつめ、なまこなどもおすすめです。

ページの先頭へ