治療方針

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療方針

当院では、漢方薬療法と並んで東洋医学の治療法のひとつである鍼やお灸を使い、気の流れを調整する鍼灸治療を主体として治療を行っています。
来院された患者様から、体の状態についてしっかりお話を伺い、その症状の原因を探り鍼を打ちます。
人の体には東洋医学的に経絡という気や血(けつ)などの通り道があります。健康な体では、気血は止まることなく流れ続けています。
しかし、体になんらかの異常がある場合には、気や血の流れが滞ったり、乱れたりしてしまいます。そんなとき、経絡上の反応点であるツボ(経穴)に鍼やお灸で刺激を与えることによって、気の流れを調整するのが、鍼灸治療です。

鍼・灸の効果について はり・灸は自然治癒力(弱っている部分を体の中で治そうとする力)を高めて健康を回復する治療法ですので、慢性的な症状(冷え性や肩こり、頭痛や便秘、めまいなど)に効果的です。
徐々に効果が表れてきますので、気長に治そうとする気持ちが大事です。 最近なかなか眠れない、体が冷えて辛い、肩こりがひどくてやる気が起きない、便秘に悩まされている・・・このように病気ではないけれど、なんとなく体調が悪いということがあります。病院にかかるほどではないと放っておくとそのまま病気につながる可能性があります。こうした病気以前の症状(=未病)に対してとくに効果的な治療方法といえます。

鍼灸が適応する主な疾患
頭痛、眼精疲労、めまい、耳鳴り、気管支喘息、胃弱、便秘、下痢、
肩こり、五十肩、寝違え、ぎっくり腰、腰痛、座骨神経痛、脊柱管狭窄症、
膝関節症、リウマチ、テニス肘、腱鞘炎、手足のしびれ、更年期更年期障害、
不眠症、冷え性、片麻痺 などがあります   

また、当院の院長「川畠 裕子」がイトオテルミーの資格を有しております。
温熱療法・イトオテルミーは、1929年(昭和4年)に日本の医師である「伊藤金逸医学博士」によって発明された療法です。

西洋医学と東洋医学を学び、20年にわたる研究うによって完成された、理論的根拠を持つ療法です。
「イトオ」は発明者「伊藤金逸医学博士」の名字から、 「テルミー」は ギリシャ語で「温熱を利用した療法」 を意味しています。
職場では、病院や施設、リハビリ等にも活用され、医療現場で効果を上げています。
また、副作用がないため、妊婦さんにも安心して、ご愛用頂いています。
体の不調や改善したいことなどお気軽に相談していただき、療術させていただきます。

治療の流れについて

  1. 問診

    まず初めにご来院直後に簡単な問診を行い、現在の症状・治療に対してのご希望 などをお伺いします。
  2. 着替え

    問診が済みましたらベッドにご案内します。着替えを行い、ベッドに横になった状態で順番を待ちます。
  3. 治療

    うつぶせや仰向けなどの姿勢(肩の治療は椅子に座った状態で行います)になります。
    鍼灸師が鍼を打つ時間はほんの一瞬です。症状によって鍼を打つ場所はことなりますが、どの部位でもほとんど痛みは感じません。


    治療時間は全体で30分から1時間になりますが、これまでの経過や現在の状態によって、治療内容・治療時間には個人差が生じますので、ご了承ください。
    ※少しでも痛みを感じるときは、遠慮なくお申し付けください。すぐに対処させていただきます。
  4. 次回の予約

    来院のペースなどをお伝えします。治療は毎日続けた方が効果的ですが、症状により、週1回、週に2~3回のペースでの治療で治癒していくこともありますので、指示通り来院ください。

    ゆっくりお待ちいただけるよう、待合室に雑誌やウォーターサーバーを用意しております。
    さらに、小さなお子様連れでの来院も可能です。その場合は電話であらかじめご相談ください。

治療後の好転反応について

鍼や灸の治療を行うと、自然治癒力が高まり、体の悪い部分が表出し、だるさや痛みを感じることがあります。人によっては微熱がでることもあります。
これは
「好転反応」といって治療が効いている証拠です。治療を続けることで体の悪い部分が徐々になくなり、最後には全てなくなるようになります。

  施術室は全て壁(上部は空いてます)
で仕切られており、プライバシーに配
慮された作りになっています。
そのため、落ち着いて施術室が受けら
れます。
 治療中の様子  
  仕上げの施術(肩こりの場合)